墓石施工

石の店なごみ 施工へのこだわり

よいお墓作りの為にはやはり施工方法が重要です。

基礎工事では転圧・鉄筋の配筋幅や基礎の厚み、巻石工事ではコーナー金具が各部に入っているか、コスト削減のため鉄の金具やピンを使用していないか、など注意する場所はたくさんあります。

このページでは実際に施工後にお客様にお渡しする工程写真と同じ内容で当社施工工程を記載しております。

ベタ基礎や巻石内の砕石仕上げ、石塔部分の耐震加工等を標準施工としております。

また前もって必ず工事連絡を行い、お客様がいつでも施工をご覧になられるようにしております。

墓石制作工程/ベタ基礎・巻石内の砕石仕上げ・石塔部分の耐震加工等、標準装備!
着工前
着工前の写真になります。
地鎮祭やお清めを行ってからの着工になります。
着工前イメージ
掘削
堀削工程の写真になります。
転圧後の厚みを考えて基本的に10cm下げの状態にします。
採掘イメージ
転圧
転圧の工程です。
状況にもよりますが水分で膿んだ地盤などはグリ石を使用してからの場合もあります。
転圧イメージ
砕石
砕石で不陸整正後、10ミリ鉄筋を20センチピッチで敷き詰めます。
不陸整正イメージ
基礎完成
基礎完成写真です。
場所や巻石の形にもよりますが基本的にベタ基礎工法です。
基礎の厚みは巻石等の重たさを考慮して8〜10センチあれば十分な厚みです。
基礎完成イメージ
巻石内
巻石内の金具写真です。
もちろんピンも金具もステンレス製で全てのコーナーに金具を使い、インパクトでの締め付けになります。
また巻石内は砕石仕上げにしており水はけのよさと雑草の生えにくさを考慮しております。
巻石内金具イメージ
石棺内
石棺内の写真になります。
石棺内は文字が映えるため、また明るく見せる為に中国材623の水磨き仕上げにお題目を彫ってあります。
これも標準工程です。
石棺内イメージ
巻石完成
巻石の完成写真になります。
目地部分は昔ながらのセメントではなく石材用ボンドによる目地入れですので、セメントのアクや目地切れの心配がありません。基礎・巻石・建て方工事は各五日以上、期間を空けて行われます。
巻石完成イメージ
耐震加工
建て方工事、石塔部分の耐震加工になります。
素材はステンレス製50パイになります。
もちろん石塔部分の目地入れも石材用ボンドになります。
耐震加工イメージ
完成
完成写真になります。ここまでが当社がお客様にお渡しする工程写真の内容になっております。
完成イメージ
墓石購入に不安を感じている方、なごみの墓石相談会に来てみませんか?墓石の相談会受付中!お問い合わせはこちらから